Kaleidoscope

パーソナルカラー・パーソナルスタイリングのカレイドスコープ

気分が上がるコスメ収納

Posted Jan 31, 2016 by kaleidoscope

お客様にパーソナルカラーのメイクをさせていただく時に
「メイク用品を効率よく取り出せて」
「見た目もキレイ」な収納方法を
ずーっと探していたのですが、最近ようやく納得いく収納アイテムに出会いました。

無印良品のアクリルケース!

キラキラでお気に入りのメイク道具が一覧できて
テンション上がります!

5段のアクリルケースを使っているのですが
上から順番に
1段目)4シーズン共通で使うメイク用品
2~3段目)スプリング&オータムタイプ用カラー
4~5段目)サマー&ウィンタータイプ用カラー
…と収納しています。


メイクをする時にアイシャドウやチークの蓋を
一々空けたり閉めたりしている時間がもったいないので
メイク用品の蓋はほとんど外してあります。
おかげでトレイを引き出してササッとメイクできるようになりました。

4シーズンカラーのメイク用品を一覧できて
カラーをぱっと比較しやすくなったので
お客様自身にも似合うカラーの傾向が分かりやすくなったかな、と。

ケースの底には好きな色の紙をカットして敷いているので、
さらに愛着がわいてお気に入りの収納ケースに。
紙の色は女子力高まるピンク色。
下に敷いた紙は汚れたらすぐ取り替えがきくし、
次にどんな紙を入れるか考えるのもワクワクするし、楽しみが色々。

元々お化粧するのが好きなのですが、
ますますメイクの時間が楽しくなりました。

無印良品のアクリルケースは、他にも1~3段の物や
もっと小さいサイズの物もあるので
普段使いのメイクの収納の参考にしてみてくださいね。

メールシェア

名刺をつくりませんか?

Posted Jan 25, 2016 by kaleidoscope

カレイドスコープでは個人様の名刺も作っています。
美術系短大を卒業してから、ず〜っと本業でグラフィックデザイナーをしているので
ちゃんとした物をおつくりしてますよ。

写真は私が作った名刺の一部♪ 個人情報なので画像をボカしてします。

ロゴと名刺を作るのがずーっと好きだったので
一度きちんと名刺作成について告知して、
もっと個人様が発注しやすいようにしなければ!と思っていました。

私はお客様ひとり一人にしっかり向き合って物を作る事や、
個人で活動する為の最初のツール制作に関われる事が
デザイナーとしてとっても楽しくて幸せな事だと思っているので
ロゴと名刺を作るのが大好きなのです。

フリーランスや個人で活動されてる方の名刺やロゴは
「その人そのもの」を表現する大切なツールです。
なのでご依頼を受けたら、まず一度お会いします。
メールだけのやり取りでは、分からない事が多すぎるので。
そして、ご要望や活動に対する想いをしっかりヒアリングして、
その方の人となりをつかんだ上で、デザインのご提案をしています。

せっかく作った名刺を渡しても、後から見た時に
「これ誰の名刺だっけ?」ってなるのが一番悲しいので、
その方らしさがしっかり表現されていて、
名刺を見た時にちゃんとお顔が思い浮かぶような物が理想ですね。

いきなり知らないデザイン事務所や印刷所に頼むのは
敷居や値段が高いと感じておられる方、
ネットに沢山出回っているテンプレートでは物足りない方、
個性的でオリジナリティーに溢れた物が作りたい方、
自分が考えた屋号にピッタリな素敵なロゴを作りたい!とお考えの方は
お気軽にこちらのメアドからお問い合わせくださいね。
yoshiko@kaleidoscope-imageconsult.com
何が自分にふさわしいのか全く想像できない!という方には
パーソナルカラーに合わせて作るのもアリです!

カレイドスコープは京都の阪急桂駅のそばにありますので
最初の打ち合わせは、桂駅の近くの喫茶店か京都市内でお願いしております。


【価格(税抜)】
■ロゴデザイン費/¥20,000〜
■名刺両面デザイン費(ロゴ無し)/¥6,000〜¥13,000〜
 ※名刺デザイン、好評につき価格改定いたしました。
〈ロゴ有り名刺の場合/名刺両面デザイン費¥13,000+ロゴデザイン費¥20,000+印刷費=¥33,000〜 となります〉
■印刷費/別途(紙・納期・枚数・加工によって変動します。打ち合わせ後にお見積もりをお出しします)
■枚数/100枚〜

※納期は最初の打ち合わせから1〜2ヶ月後を目処にしています
※途中、何らかの事情で制作を止める場合にはお見積もりの半額を頂きます
※制作を途中で止められた場合は、データはお渡し致しません

初めての告知なので今回は実験的な価格にしています。
好評でしたら今後値上げするかもしれません。

メールシェア

Back / Next

Back to Top